テアニンを含んでいる森下仁丹のテアニンゼリー。

サプリメントなどを飲むのが苦手という方に人気のある食品です。

睡眠の質を改善したくても粒状や粉状のものが飲めない方はぜひ参考みしてみるといいでしょう。

テアニンゼリーの評価の高い口コミ

・毎朝スッキリと目覚めています。とても良いです。ずっと続けるつもりです。
・毎日食べ始めて1週間。効果が出てきたのか、前よりも安眠できるようになりました。

前は毎晩のように仕事が夢に出てきて、あまりのリアルさに起きた時に疲れてましたが、
夢を見る頻度も下がり、きちんと深い眠りにつけているのか、寝起きは良くなりました。
一ヶ月試してみて引き続き効果を確認したいと思います。

 

・朝なかなか起きられない、夕方くらいに眠気を感じるので買ってみました。食べている間はなんとなく調子は良かったかも仕事が忙し時期が1週間くらいありましたが、その間も割とぱっと起きられました。(仕事のプレッシャーもあったかもしれないですが…笑)

先週なくなり、今週1週間はなんとなく眠くて、仕事の生産性も落ちてる感じがして、
「もしかして、テアニンゼリー無くなったからかも…?」と気付きました。

 

・味はとてもさっぱりしていて、「ゆずの風味がする水ゼリー」のような味。ただ、寝る前にはこれくらいのあっさり感がちょうどよかったです。プラシーボ効果だったとしても、これならお金出してもいいかもと思いました。

と、効果を実感されている方もいます。

口コミ自体は4件ですがその中の3件は「続けたい」「効果があると思う」といった声となっています。

 

テアニンゼリーの評価の低い口コミ

・メーカー直販サイトで購入しました。就寝1時間位前に食べてます。あっさりした味で、抵抗はありません。ゼリーと言ってもプリッとした食感ではなく、豆腐を連想させるような柔らかさです。眠りが深くなる効果は実感できますが、どちらかと言うとファンケルのぐっすり時間のほうが良いかな思います。あくまで個人的感想ですけど。テアニン200mg配合ながら1日分約130円はちょっと高めなので、次はアサヒかDHCのテアニンサプリを試してみるつもりです。

と評価が低いというよりは、ほかのものを使ってみて効果を比較してみるという声となっています。

ということは、口コミ数が多くないということもありますが、チェックできる口コミのほとんどは上々の評価といっていいかもしれません。

テアニンゼリーのネット通販での価格の比較

アマゾンでのテアニンゼリーの取り扱いは現在のところ2件です。(2018年度現在)

そのうちのどちらも3,888円となっていて、別途送料が発生します。

アマゾンの場合関東圏であれば送料は200円で済みますが遠方になると200円以上の送料がかかります。

ネットショッピング最大とされている楽天市場ではテアニンゼリーの取り扱いは2件、どちらも3,499円とアマゾンで購入するよりも価格は抑えられています。

しかしながら、送料がプラスでかかるショップ、送料が無料のショップがあり、送料が無料のショップについては販売の期間が限定されているのでタイミングによっては購入することが出来ません。

アマゾンでも楽天でもテアニンゼリーの扱いは少ないので、価格等の比較は簡単でしやすいと言えますが、取り扱いが少ない分、購入する店舗に限りが出てくるため、トータルで見ると通常価格とあまり変わらない金額になる可能性も出てきます。

テアニンゼリーの効果と副作用

テアニンゼリーはその名の通りテアニンが配合されているウォーター感覚のゼリーです。

朝目覚めたときの疲労感の軽減しすっきりとした目覚めに導いてくれます。

眠りが浅くなっている、日中の眠気が抜けない、朝目覚ましが鳴っても布団からなかなか出られないといった方におススメです。

カロリーも1個当たり1.9キロカロリーしかないですし水なしでどこでも食べれます。

サプリメントなど粒状のものが苦手な方でもさっと食べれるタイプです。

また薬ではないので副作用の心配はほとんどありません。

健康を害したという報告もありませんので、安心してお召し上がりいただけます。

ただ、一度に多量に摂取するとお腹が緩くなることがありますので一日に食べられる量をきちんと守るようにしましょう。

降圧剤や興奮剤を服用されている方においては、テアニンゼリーを取り入れる前に必ず医師や薬剤旨に相談をしお墨付きをもらってから取り入れるようにしてください。

さらに睡眠の質をよくするために

テアニンゼリーを取り入れると睡眠の悩みが軽減しますが、眠る直前までテレビを見たりスマホをいじることがないようにすること、40度程度のお湯にゆっくり浸かり半身浴をしてみるなど眠りの妨げにならないよう生活を見直すことも大切です。

眠る一時間ほど前にテアニンゼリーを食べ、眠りにつくまで好きなことをして過ごすようにすると、ぐっすり眠れてなおかつ朝すっきりと目が覚めるようになります。