テアニンは睡眠をサポートする栄養素ですが、テアニンには脳をリラックスさせる効果に加えて集中力を高めてくれるという利点があります。この効果を応用して、子供にテアニンを飲ませて集中力を高めてほしいと思う保護者が増加しています。

同様にテアニンをお子さんに摂取させたいと考えているとしても、心配になるのが「テアニンを子供に与えても大丈夫だろうか」という問題です。実際にテアニンを大人ではなく子供に与えた場合、何か問題が発生する可能性はあるのでしょうか?調べてみました。

テアニンが子供に与える健康被害や副作用はなし

テアニンに関する臨床試験によれば、テアニンのみを摂取したことによる健康被害や副作用は発見されていません。これは成人に対する調査で、子供に対する臨床試験は現在行われていませんが、成分等を鑑みると年齢に問わず健康への悪影響は考えにくい物質と言えるでしょう。

むしろテアニンを摂取することで、お子さんの成長をサポートしてくれるメリットの方が大きくなるとされています。

子供がテアニンサプリを飲んで期待できる効果

テアニンは体内に取り込まれると血液により脳内へ運ばれていき、脳内に達するとホルモンの分泌を促します。臨床試験では、ドーパミン、セロトニンと言った脳内物質が分泌されることが確認されています。

セロトニンは脳をリラックスさせる効果があり、不眠に悩む人がセロトニンを摂取した結果、不眠が解消されたという報告があるなど、快眠をサポートしてくれる脳内物質としてよく知られています。

睡眠の質を向上させ、成長を促す

子供の場合、不眠で悩むというケースは少ないですが、脳をリラックスさせることで睡眠の質を向上させ、睡眠中の成長を促す効果が期待できます。ドーパミンは脳の働きを活発化させます。

ドーパミンが適切に分泌されることで、やる気が増し様々なことに取り組む意欲が生まれるとされています。

集中力を高める

スポーツ界のアスリートや研究に携わる専門家には高い集中力が必要ですが、これらの人物は作業中ドーパミンが適切に分泌されるため、途中で飽きることなく目標の達成に取り組むことが出来ると言われています。

子供もドーパミンが適切に分泌されることで、集中力を高める効果が期待できます。例えば「短時間で宿題を放り出してしまう」というのはよくある悩みですが、このような活発なお子さんは脳内でドーパミンが多量に分泌されていることがあります。

テアニンを摂取することによりセロトニンも分泌され、ドーパミンの放出が抑えられて、集中力が高まり勉強を長時間出来るようになると言う効果が期待できるのです。

テアニンを摂ると眠くなる心配は?

ただここで心配になるのが、テアニンは快眠をサポートする物質でも知られているので、テアニンを摂ってしまったことで子供が眠くなり、逆に勉強する意欲がなくなってしまうのではないかという問題です。ですがテアニンは睡眠導入剤とは異なり、睡眠に対する効果は緩やかなものとなっています。

睡眠導入剤や睡眠薬の中には、ドーパミンの放出を強制的に停止させることで睡眠に導くものがありますが、テアニンはそのような効果を持っているわけではないのです。

平常時にテアニンを摂取した場合、脳内のドーパミンの分泌を徐々に抑えていくため、眠くなりすぎることはありません。むしろ気持ちがリラックスし、精神を安定させる効果を発揮します。つまりテアニンは、眠くさせるというよりはむしろリラックス状態に導いてくれるため、勉強時などは集中力を高められる状態にしてくれるのです。

テアニンはお茶で多くとるのは難しい。効率的に摂るならサプリがベスト

このようにテアニンには集中力をもたらす効果があるわけですが、お子さんに与える場合はお茶からの摂取ではなくテアニンサプリメントでの摂取をお勧めします。

お茶はカフェインを含んでいる場合も多く、年齢が低ければ低いほどカフェインの過剰摂取とされる基準数値も低くなるためです。

摂取方法に関しても、サプリメントは欲しい栄養素などを素早く効率的に得ることが出来ますので、テニアンサプリならより効果的に子供の集中力を高めてくれると言えます。