朝起きてもぐったりしている、すぐに目が覚めてしまう、熟睡できないといった症状が続き悩んでおられる方のために作られたサプリメントの中に「良眠生活」があります。「良眠生活」の効果の実態はどうなのでしょうか?効果や副作用、口コミなどを調査してみました。

公式サイト:良眠生活

良眠生活に期待できる効果

「良眠生活」にはリラックス効果のある「L-テアニン」とストレス軽減に役立つ「ギャバ」という成分がたくさん含まれています。睡眠障害の原因のひとつに、過剰なストレスを感じることから生じる緊張した状態や興奮した状態のために、脳波のα波が優位になれないことが挙げられます。

「L-テアニン」は、このα波の出現を促進させる働きがあり、脳をリラックスさせてスムーズな入眠、熟睡を促す働きがあるため、睡眠障害の改善が期待できます。それだけではなく、「L-テアニン」を摂取することでストレス感の上昇を抑制し、ストレスによる心拍数の上昇も抑制することができます。

また「良眠生活」に含まれる「ギャバ」も様々な良い働きがあります。「ギャバ」はアミノ酸の一種で、血圧を下げたり、神経を鎮める効果だけではなく、肝臓や腎臓の働きを向上させ、中性脂肪を抑制する働きがあります。最近では、アルツハイマー型の認知症の予防や改善にも効果があることということで、注目されています。

「ギャバ」は睡眠中に生成されるため、「良眠生活」に含まれる「L-テアニン」がによって睡眠の質が向上することで、含まれている「ギャバ」の成分の効果もさらに引き出され、相乗効果がある配合となっています。

良眠生活に副作用はある?

「良眠生活」に含まれる「L-テアニン」も「ギャバ」も基本的には副作用がありません。「L-テアニン」に関しては、一日2500mgを4週間摂取し続けても副作用が確認されなかったという報告が挙げられています。

「ギャバ」はそれ自体は副作用がありませんが、一緒に摂取してはいけない成分があります。「L-テアニン」と一緒にアルコールを摂取すると、アルコール依存症状を発症させる恐れがあるため控える必要があります。

また、ヒダントイン系の抗てんかん薬はGABAの効果を抑制したり、阻害したりするので控える必要があります。多くの場合は副作用がありませんが、体質などの個人差もあるため、不安な点がある方や他の薬も服用している場合は医師に相談してから服用することができるでしょう。また、服用して異常や不快感を感じた場合もすぐに診察してもらうことをお勧めします。

良眠生活の口コミを調査しました

「医師に睡眠薬を処方して頂いている主婦です。クスリを飲み忘れると、何度も夜中に目覚めてしまいます。でも、良民生活を始めたら、クスリを飲み忘れても、ぐっすりと、朝まで一度も目覚めずに、眠ることができました!これで睡眠薬も飲まないで済むし、病院に通わなくて済むので、交通費、その他を合わせると、大幅に出費が減ったので、コスパ的にも大満足です!」

「私は50代のトラック運転手の男性です。仕事柄、長距離移動が多いので、よくパーキングエリアで仮眠を取ります。しかし、最近は昼間の運転が眠くて仕方ありませんでした。そこで良民生活を仮眠の前に飲んで寝たところ、翌朝すっきり、お目々バッチリだったので、もう良民生活を手放せません!」

 

良眠生活のメリットとデメリット

「良眠生活」は、睡眠改善のためのサプリメントの中でも珍しくチュアブルタイプなので、子供や高齢者などにとっても飲みやすいのが特徴です。睡眠薬と異なり副作用もほとんどないため安心して服用できる機能性表示食品です。ただ、個人差があるため人によっては効果があまり実感できないという場合もあります。

また初回は割引価格で安いと思って始めても、経済的に費用がかかり継続するのが難しいと感じる方もおられるようです。ある程度の期間にわたって継続して服用することで、効果が実感できるものなので、それを踏まえて服用を始める必要があるでしょう。

良眠生活のまとめ

「良眠生活」は、「L-テアニン」と「ギャバ」をダブルで含んでいるサプリメントです。睡眠の質の改善や、リラックス効果があり、副作用もほとんどないため安心して服用することができます。

通常のサプリメントのような錠剤を飲むのは苦手という方でも、珍しいチュアブルタイプなので苦手意識をもたずに服用することができます。7日分のお試しもあるので、睡眠についてお悩みの方は一度試してみると良いかもしれません。

良眠生活を初回50%割引で試してみる